情報を正しく検索しましょう

14253849274_ab20a010a0_z

現代の情報化社会にはエンジニアだけじゃなくて民衆の一人一人でも情報収得を大事にするものです。グーグルやヤフーという検索エンジンを使ってみなさんはお店の場所から複雑な科学論文までをしばしば探しています。下記の検索手法を身につけられば、今まで見つけられなかった情報が減るでしょうその検索手法はみんなさんがご存知かもしれませんが、検索リクエストパターンをまとめて詳しく伝えたいと思います。

 

  1. AまたはB
    情報聞き間違いなどの悩みがあれば、困ることないですよ。検索リクエストに英語のORあるいは【|】マークを入れたら両方に関わる結果が出ます。ORというオペレーターは論理和であって、普通の英語に混ぜないように大文字で書いてください。
    or
  2. 正確な文章を探す
    逆に正確な文句を見つけたい場合は、リクエストを引用符で囲むべきです。その時に、リクエストと部分的にしか一致してないページは無視される訳です。
    kav
  3. 文句の中に忘れた単語があれば
    忘れた単語の代わりに【*】を検索文句に入れたら良いです!
    asteri
  4. 範囲を指定しましょう
    値段や年やバージョンはある範囲しかに興味がなかったらリクエストに最小限と最大限の数値の間に2つの点を入れたら検索しましょう。
    diap
  5. 単語を除く
    たまに余計なリンクが出てくることもあります。それを避けるために要らない用語の前にマイナスマークを入れるものです。
    minus
  6. あるホームページでの検索
    具体的なホームページしかで検索したくない場合は、キーワードsiteを使いましょう。その時、ウェブアドレスは全てを入れるべきです。キーワードとホームページ名の間にスペースなしでコロンを入れましょう!
    site
  7. ドキュメントを拡張子で探しましょう
    検索エンジンはウェブページ だけではなくてドキュメントも検索できますね。ドキュメントの拡張子を指定すれば、好みのファイルは出てきます。
    filetype
  8. 似ているようなホームページを検索しましょう
    知ってるサイトと同じテーマの別のウェブページを探したい場合は、キーワードrelatedを使いましょう。
    rel

情報検索の時、検索リクエストでキーワードや論理演算のオペレーターなどを使えば、効果率は増えるはずです。上記の検索手法を覚えて何でも簡単に見つけましょう!